コーヒーカプセルでいつでも新鮮なコーヒーを

main-img

コーヒーカプセルとは、コーヒー1杯分の挽いた豆が入ったカプセルです。

挽いた焙煎豆をすぐに閉じ込めて密封しているため、カプセル内では豆が酸化することなく新鮮な状態で保たれています。
また、光や湿気なども遮断されるので保管に優れています。


このカプセルを使ってコーヒーを飲むには、専用のマシンが必要です。


いくつかのメーカーがこのカプセル式コーヒーメーカーと、そのマシン専用のカプセルを販売しています。

マシンにセットすれば、すぐに1杯分の新鮮な淹れたてのコーヒーを淹れられます。

コーヒーカプセルには、豆の種類や香りが付いたもの、ミルク入りのもの等によって多数の種類があります。

レギュラーコーヒーやエスプレッソ、カプチーノやカフェラテなど、その日の気分で変えることができます。
機械に豆をセットしてコーヒーを淹れるということに関しては、普通のコーヒーメーカーやエスプレッソマシンと変わりありませんが、決定的な違いは、準備と後片付けが不要であること、手入れが簡単である事です。

レギュラーコーヒーの喜びの声を頂いています。

挽いた豆をセットする必要もなく、マシン内で豆を挽くでもなく、また抽出したあとはカプセルごと捨てるだけですので、別途豆のカスを捨てる作業がありません。また、コーヒーメーカーのようにサーバーを使わずカップに直接注ぐため、洗い物も少なくて済みます。

待望のgoo ニュースの情報収集ができます。

手間をかけずにおいしいコーヒーを飲むことができるとあって非常に便利なコーヒーカプセルですが、カプセル自体が1個60円〜100円ほどかかるため、他の淹れ方に比べるとランニングコストが割高になっています。



一杯数十円の差が出ますが、一日2〜3杯程度なら気になるほどではありませんし、多少費用がかかっても良いから手入れ不要でおいしいコーヒーが飲みたいと思う人に向いています。


身になる知識

subpage1

コーヒーの専門店を訪れると、コーヒーがカプセルのような容器に入ったコーヒーカプセルを販売している所もあります。一般的なコーヒーは瓶や袋に入っていますが、コーヒーカプセルは一般的なコーヒーとは使い方が違うのでこのような容器に入っています。...

more

予備知識

subpage2

専用カプセルの洗練されたコーヒーカプセルは、収納にもこだわってみたくなります。見せて収納するコーヒーカプセルホルダーは純正のものからその他、趣向を凝らしたスタイルの収納ボックスなどがたくさん販売されています。...

more

プチ常識

subpage3

パソコン作業を進める上で注意したいのが、小さなミスです。パソコンソフトは便利なツールですが、作業効率が良すぎる面もあります。...

more

見てびっくり!

subpage4

カプセルコーヒーマシンがあれば、今すぐに美味しいブラックコーヒーでリフレッシュしたい、と感じた瞬間に美味な一杯を作る事が出来ます。最近はコンビニエンスストアでワンコインのコーヒーを買う事がブームです。...

more